お知らせ

= 当実験所の建物火災について =

 2011年3月21日未明、当実験所で最も古い建造物である木造旧実験棟(通称グリーンハウス:明治42年築)から出火し、建物が全焼いたしました。現在は倉庫として利用していたため、人的被害はありません。

 神奈川県警の調査では、漏電や家電コンセントからの出火ではないことは確認されました。延焼が激しいため原因が不明なままですが、他に火元となるものが無いこと、出火推定場所が建物内部であることから、電気配線の断線によるショートが原因と考えています。

 今年で築101年を数える瀟洒な洋風木造建築で、東京大学本部も建物の重要性に気づいており、最近になって文化財登録の手続きにまで入っていたところでしたので、誠に残念でなりません。今後、再建により博物館として姿を再現することを検討していきたいと考えております。

在りし日の木造棟

このページのトップに戻る