お知らせ

海洋基礎生物学研究促進センター

=共同利用における注意点=

 平成28年6月より記念館の使用が停止されているため、平成30年度も共同利用についての利用場所を暫定的に下記の通りといたします。利用にあたっては一部制限がかかります。利用者の皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、御理解と御協力をいただきますようお願い申し上げます。


共同利用の実施場所:
  1. 実験研究棟1階ゼミナール室(最大40名)
  2. 実習用プレハブ棟(最大40名を予定)(平成30年4月頃から使用開始の予定)
利用における注意事項:
  • 実習は原則的に記念館脇に建設予定の実習用プレハブ棟を利用して頂く予定ですが、平成29年11月現在まだ着工されておらず、竣工時期は未定です。利用者の皆様には、後日、使用開始の目処が立ち次第御連絡いたします。
  • 実験研究棟の利用については、安全管理上実験研究棟玄関の鍵の貸出は行っておりません。施錠される時間(17時30分~翌8時30分)に利用を希望される方は、予め実験所の受入担当教員とスケジュールの打合せを行って下さい。また、利用には実験所の教職員の立ち会いが必要となりますので、原則として夜21時以降および土日休日の利用は出来ません。
  • 実験研究棟にも海水飼育設備はありますが、海から遠いこと、海水の利用には制限があることから、採集した動物の運搬には注意が必要です。あらかじめ実験所採集室職員との打ち合わせを行っていただきますよう、よろしくお願いいたします。また、動物のソーティング等は記念館玄関の仮設作業室(利用可能時間:8時30分〜17時15分)を御利用下さい。
  • 実験研究棟は実験所に所属する研究者及び学生の研究の場でもあります。研究環境を保つため、廊下で立ち止まったり騒いだりしないようお願いいたします。また、許可された部屋以外への立ち入りは禁止いたします。
  • 現在、実験所では食事の提供を行っておりません。弁当の宅配や近隣のホテル等を御紹介いたしますので、各自手配して頂きますようお願いいたします。


このページのトップに戻る