お知らせ

海洋基礎生物学研究促進センター

=平成30年度教育関係共同利用公募のお知らせ=

 東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所では、教育関係共同利用拠点として生命科学、海洋生物学、生態学、地球惑星科学等、海洋関連分野の教育進展および人材の育成に寄与することを目的とし、全国および海外の大学、およびその所属学生に対して、当所を利用した統合的・学際的な教育カリキュラムを実施・受講する機会を提供しています。

 今回、当所を利用して平成30年度(平成30年4月~平成31年3月)に行う実習等の教育関係共同利用の公募を行います。公募要領は下記の通りです。

 なお、こちらに掲載しておりますとおり、昨年度より記念館の利用が停止され、御利用の方々には大変ご迷惑をおかけしております。来年度には代替施設であるプレハブ実習施設が使用可能となる予定ではありますが、予算・工期等の問題で現時点で確実なことはまだ言えない状況です。ご迷惑をおかけいたしますが、引き続き共同利用に色々と利用に制限がかかりますことを御了解願います。利用にかかる注意点についての詳細はこちらをご覧ください。

(2018/5/1追記)記念館の脇に実習等の用途を目的にした採集作業棟が使用可能となりました
今後は共同利用での使用は原則こちらを利用して頂きます。


  1. 応募区分

    1. 共同利用実習 公募期間:平成29年11月20日(月)~12月18日(月)
      全国の大学の研究者(研究室・学科・学部)を対象として、当所の施設を利用した各種実習(セミナー・巡検等を含む)の実施を募集します。各大学(学部・学科・研究室)のニーズを踏まえて、当所の設備等の資源を有効に利用して実習を実施するための便宜を図ります。
    2. 教育共同利用研究 公募期間:平成29年11月20日(月)~12月18日(月)
      理学系研究科附属臨海実験所に滞在して、各自の研究課題(卒業研究や修士論文・博士論文等)を実施する全国の学部学生および大学院生の利用を募集します。滞在する学生の施設利用および指導に関しては、各大学における指導教員と臨海実験所の担当教員が密接に連絡を取り合い、学生の課題の遂行に必要なアドバイスを適宜行うと共に、野外調査や生物の採集・飼育についての支援を行います。
    3. 共同利用実習(中等教育) 公募期間:平成30年1月4日(木)~1月15日(月)
      上記の区分A,Bをふまえて受入の余裕がある場合、全国の高等学校・中学校の教員を対象として、当所の施設を利用した各種実習(SSH, SPP等)の実施の受入をいたします。
  2. 応募資格

    • 区分A:国内外の大学及び国公立研究機関の研究者またはこれに準ずる研究者
         (非常勤研究員、博士研究員等を含む)
    • 区分B:国内外の大学生・大学院生(指導教員の承認が必要です)
    • 区分C:高等学校・中学校の教員等
  3. 応募方法

    ご利用をご希望の方は、「利用の手引き」をよくお読みの上、下記の書類をe-mailもしくは書面にて御提出下さい。
    1. 教育関係共同利用申請書(様式3-2 ダウンロード
    2. (区分A, C)実習利用団体 実習予定表(書式自由)
      (区分B)指導教員による推薦書(書式自由)
  4. 応募書類提出先および問い合わせ先

     東京大学大学院理学系研究科附属臨海実験所 事務室
     〒238-0225 神奈川県三浦市三崎町小網代1024
     TEL: 046-881-4105
     e-mail: misaki@mmbs.s.u-tokyo.ac.jp
     (件名を「H30実習教育公募利用申請」として下さい)
  5. 利用採否

    利用採否・利用期間等は、当臨海実験所運営委員会で審査し、区分A,Bは1月初旬まで、区分Cは1月下旬までに所長名で通知いたします。
  6. 報告書等の提出

    共同利用実習、共同利用研究教育に採択された方は、その年度の末日までに所定の報告書を当所宛に提出して下さい。 報告された内容は、当所の年報に掲載する予定です。

※ 現在、実験所における食事の提供はありません。食事は弁当や近隣のホテル等を紹介し、各自手配をお願いしております。

※ 実習利用希望については例年6〜9月の大潮に集中いたします。日程調整の都合上、利用期間については必ず第三希望まで記載をお願いいたします。

※ 平成29年8月11日(土)~19日(日)は夏期休業の予定となっており、実習の受入れは出来ません。

※ 本公募が終了した後、受け入れに余裕がある期間についての教育関係共同利用は、平成30年1月16日(火)以降随時応募を受け付けいたします。提出書類・手続き等は同じです。

※ 研究利用、セミナー、会議など、研究目的で当所を利用する共同利用研究は、海洋基礎生物学研究推進センターにおける共同利用となり、原則利用希望月の3か月前より随時受付いたします。。詳しくは海洋基礎生物学研究推進センター ウェブサイト(http://www.cmb.u-tokyo.ac.jp) をご覧ください。



このページのトップに戻る