実験所概要

三崎臨海実験所の施設

 構内の主な建物としては、実験研究棟(新棟、1,567m2)、日本海洋生物学百周年記念館(旧本館、1,021m2)、水族・標本棟(425m2)、宿泊棟(612m2)がある。

実験研究棟(新棟)
所長室、事務室、技術職員室、飼育水槽室、P1A動物飼育室(水生動物用1、マウス用1)、動物飼育室、ゼミナール室、会議室、RI実験室2、暗室3、教官研究室4、図書室、P1実験室6、恒温実験室2、低温実験室、無菌培養室、学生控室

新実験研究棟

日本海洋生物学百周年記念館(旧本館)
※ 現在、立ち入り禁止
技術職員室、実習室(大1、小1)、共同利用実験室、会議室、資料室、共同利用研究室(大2、小9)

記念館

水族・標本棟
※ 現在、立ち入り禁止
水族室、標本資料室、講義室

水族・標本棟

宿泊棟
洋室10(定員4名x7、定員2名x3)、和室3(定員5名x1、定員1名x2)、バリアフリー対応宿泊室(定員3名x1)、食堂、浴室

宿泊棟


このページのトップに戻る